抗うつ剤でうつ病の症状を改善【医師と相談する】

薬はゆっくり効果を出す

男性

副作用にご注意

うつ病を発症し病院で診察を受け、薬物療法が必要と診断されれば抗うつ剤を処方されることがあります。その抗うつ剤はいろんな種類があり、効果が強いものと弱いものとさまざまです。そのため、人によっては身体に合うものと合わないものがあり、副作用が出てきてしまうこともあるため注意が必要です。もし服用するたび、息切れや皮膚のかゆみなど副作用を感じることがあれば、すぐに医師に相談しなければなりません。医師が処方したものだからどんな症状があらわれても服用し続けるのは、かえって身体に悪影響を及ぼすこともあります。抗うつ剤のなかには脳内神経伝達物質であるセロトニンを分泌させ、脳の働きを安定させる効果を引き出すものがあります。しかしそのセロトニンは、人工的に分泌移させれば必要以上に引き出してしまうこともあります。必要以上に脳内に分泌させてしまえば、今度はセロトニン症候群という病気を発症することもあります。医師はあくまで、うつ病の症状を診断して、それを治すにふさわしい薬を処方するのみで、患者のアレルギー症状までは判断できません。精神的に負担がかかる病気を発症しているなか、自分でどのような副作用が出ているのか判断するのは難しくなる人もいるかもしれませんが、どれだけ小さな症状があらわれてもそれを医師に伝えることがとても大切です。むしろ伝えなければ、ちゃんと身体によく効いているのかどうか医師も確かめることができません。患者の話を聞き入れてくれない医師がいれば、他の病院に変わるほうが良いともいいます。しかし、その抗うつ剤は服用したからといって、すぐにその効果があらわれるものではありません。そのため、症状が和らぐ効果を感じないため、処方された薬が合わないと医師に伝えてしまうこともあります。特にうつ病を発症した患者は、薬の効果を感じられないことから不安を覚えてしまい、「かえって症状が悪化するのではないか」と否定的な感情に傾いてしまうこともあります。ゆっくりじわじわと効果を引き出す抗うつ剤なので、なかなか効果があらわれずに心配してしまうと医師に伝えても、医師は「ゆっくりと時間をかけて効果があらわれる」と説明され、同じ薬を処方されることがほとんどです。せっかく伝えても、医師からそのように説明されれば、患者は自分の話を聞き入れてくれなかったと勘違いし、医師のことを信頼できなくなってしまうこともあるかもしれません。確かに、薬の効果があらわれてこなければ不安になるのも当然のことです。そのためにも抗うつ剤は、その効果があらわれてくるのがおおよそ10日ほどかかることを知ることも必要です。そして副作用ですが、吐き気やのどの渇きを感じる人がほとんどだとも言います。しかしそれは初めだけで、その症状は徐々に慣れてくるものともいいます。ひどい副作用が出た場合は薬を帰る必要があるため、医師と相談することが要されます。しかし、ある程度我慢ができる症状ならば、医師は続けて同じ薬を処方することもあります。事前にどのように治療していくのかをある程度把握することで、治療の仕方も理解し病気を速く治していくことができます。

医者

うつ病の症状や治療方法

うつ病の治療には、抗うつ剤が使われます。抗うつ剤は、うつにおける様々な諸症状を和らげる働きがありますが、効果が出るのがゆっくりという特徴があります。医師に言われた用法容量を守り、焦らず服用を継続することで、徐々に症状が和らいでいきます。

医薬品

正しく薬を使う為の知識

抗うつ剤は脳内の神経伝達物質の量のバランスを整え、うつの諸症状を軽減、改善、寛解させる効果が期待できる薬です。長期的な服用が必要な薬ですが、自分の体質に合わせて、さらに医師の指示に従って服用すれば安全に利用出来るようになっています。

薬瓶と錠剤

うつ病治療に使用する薬

うつ病の治療には、抗うつ剤と呼ばれる薬が使用されます。抗うつ剤には様々な種類があり、現れている症状によって適切な種類が異なります。医師とのカウンセリングをしっかり行い、自分に合う抗うつ剤を処方してもらいましょう。