正しく薬を使う為の知識

医薬品

どんな薬か知ろう

抗うつ剤はうつ病の治療薬として開発された薬で、服用することによってうつ病に対して効果が期待できると知られています。一般的には脳内で神経伝達物質を増やす作用が期待出来る薬となっており、服用する事で神経伝達物質の脳内の量を調整する事が可能です。その結果、やる気が出ない、辛い、苦しいと言う症状だけでなく、体調がすぐれない、悲しいと言ったうつの諸症状を改善して行く効果が期待出来ます。薬自体はその人との相性があるので、服用する事によって早い段階で作用が感じられると言う事もありますが、変化に気づくまで少々時間が必要だと言う事もあります。また、抗うつ剤自体は今感じている症状を軽減して行くだけでなく、徐々にその症状を改善して行く効果も期待出来ます。その為、一般的には抗うつ剤自体は短期間だけ服用するのではなく、その人の症状の出方を見ながら継続して服用する薬です。そうして継続して服用することによって徐々に症状が良くなり、寛解を迎える事が出来ると言う効果も期待できます。さらに、症状が良くなったらすぐに薬をやめてしまうのではなく、徐々にその服用する量を減らしていくのも特徴です。風邪などはその症状が出なくなったらすぐに薬をやめる事が出来ますが、抗うつ剤の場合は寛解した状態を維持する為にも継続して薬を服用しています。つまり、抗うつ剤には今気になる症状の改善、平癒の効果だけでなく、うつ病自体を寛解する効果、さらにその状態を維持する効果等が期待できます。従って症状が良くなってきたからと言ってすぐに薬を飲まないようにしてしまうのではなく、その症状に合わせて上手に薬を増減する必要があります。抗うつ剤はうつ病の諸症状を改善する効果等が期待できる薬で、基本的には症状が出ている時だけでなく、良くなってからも服用する薬です。その為、短期間で服用をやめてしまうのではなく、基本的には長期的に服用し続ける薬として知られています。ただ、抗うつ剤自体は鎮痛剤とか、花粉症の薬の様に飲んだらすぐに効果が出てくると言う訳ではなく、徐々に体に作用して行きます。だから、患者の中にはなかなか変化がないからと言って、本当にその薬が合っているか分からないと不安になってしまう事も珍しくありません。しかし、この薬自体はすぐに効くタイプではないからこそ、体に出来るだけ負担を掛けないでうつ病の改善を図る事が出来ます。また、その人の体質に合わせて服用する事になっているので、どの人でもうつの症状を訴えれば同時くすりが処方されると言う訳でも有りません。さらに、抗うつ剤は他の薬と比べてもはるかに長く服用する必要がある薬なので、依存性等が心配される事もあります。しかしこの点に関しても、この薬自体は症状が治まったらすぐに服用をやめてしまうのではなく、徐々にその服用する量を減らしていく形が取られています。つまり薬を急激にやめてしまうのではなく段階を経て摂取量を減らす事が出来るので、薬の成分が欠乏してしまう事もありません。だから医師の指示に従って服用する薬の量を減らして行けば、症状が再発するリスクも可能な限り抑える事が出来るようになっています。また現在では副作用の出にくいタイプ等も開発研究が進んでいるので、一昔前に比べてもはるかに安全で体に負担の少ないタイプの抗うつ剤を利用する事も可能です。