うつ病治療に使用する薬|抗うつ剤でうつ病の症状を改善【医師と相談する】

うつ病治療に使用する薬

薬瓶と錠剤

種類と効果について

うつ病は、ストレスが原因で発症する精神疾患の一つです。現れる症状としては、初期は倦怠感、無力感、絶望感、憂鬱感といった負の感情を慢性的に抱えるようになります。また体に現れる症状もあり、頭痛やめまい、吐き気など風邪と似ているという特徴があります。うつ病の治療は、早めに開始することが何よりも大切です。症状が悪化してしまうと、完治にかかる時間が長くなり、治療も大変になっていくからです。そのために、少しでも自覚症状を感じたら早めに病院へ行き、治療を受けましょう。さて、治療についてですが、治療では抗うつ剤と呼ばれる薬を使うのが基本になります。抗うつ剤とは、うつの様々な症状を緩和させるための薬です。そして、抗うつ剤を使用するにあたって知っておくべき脳内物質があります。それが、楽しさや活動力を左右するドーパミン、意欲や興味の低下を促してしまうノルアドレナリン、緊張や焦燥感をもたらすセロトニンの三つです。この三つの脳内物質が、極端に不足したり、また増加したりすることによって、上記のようなうつの症状が現れます。抗うつ剤には様々な種類があり、またうつの症状もこの三つの物質に左右されて起こるため、症状によって適切な抗うつ剤が変わります。きちんと診察を受け、自分に合った薬を服用することで初めて効果を感じることが出来ますので、現れている症状は、医師にきちんと伝えましょう。診察の初期には必ず長い時間をかけた医師とのカウンセリングが実施されますので、そこで正直に話す、ということが大切です。さて、具体的な抗うつ剤の種類ですが、まずセロトニンと呼ばれる物質を増やす効果があるのが、SSRI、SNRIと呼ばれる種類です。緊張感や焦燥感を緩和させて、不安や落ち込む気持ちを改善させます。SSRIは副作用も少ないという特徴があるので、よく処方される種類の一つです。次に、NaSSAと呼ばれる種類です。ノルアドレナリンを増やし、活動意欲ややる気を回復させます。このタイプは比較的新しい抗うつ剤で、最も効果が強いと言われています。症状がなかなか緩和されない場合に有効ですが、反面副作用が出やすいという特徴もあります。副作用としては、眠気や食欲増進です。副作用がつらい場合には使用を中止し、他のものに変えてもらいましょう。次に、三環系抗うつ剤と呼ばれる種類です。古くより使われてきた種類で、歴史は一番長いですが、便秘や枯渇、ふらつきなどの副作用が起きやすいです。それと対比し、三環系タイプの副作用を軽減するために開発されたのが、四環系と呼ばれるタイプです。セロトニンへの働きがない分、ノルアドレナリンに作用して意欲を高めます。眠気が出やすいため、睡眠薬として処方されることもあります。このように、抗うつ剤には目的に応じて様々な種類があり、効果や副作用もそれぞれ異なります。正しく効果を得るためには、医師に言われた用法、用量を確実に守ることが大切です。自己判断で飲むのをやめたり、多量の量を飲んだりすると、きちんとした効果を得ることは出来ません。抗うつ剤と上手に付き合いながら、うつ病を克服していきましょう。